新玉ねぎの季節到来!血液サラサラ効果を逃さない調理法とは?

今の時期出回る新玉ねぎ。当園でも現在葉付きの新玉ねぎとしてルビー/ホワイトの2色を販売しています。

玉ねぎは血液をサラサラにする効果があると言われていますが、その効果を逃さない調理法ご存知でしょうか?

今日から実践していただきたい3つのポイントをご紹介します!

生食が一番!

血液をサラサラにしてくれるのはアリシンという成分。それだけでなく代謝促進や疲労回復、美肌効果にも効果があるとされています。玉ねぎを切ると涙が出るのもこの成分の影響です。

このアリシン、加熱するとコレステロールや中性脂肪を減らす働きが高まりますが、成分が変化して違う物質になってしまうため、効率よくアリシンを摂るには生で食すことが1番です。

水でなく空気にさらす

またエグみを取るために水にさらす方法がありますが、水にさらすと栄養素も流れてしまいがち。

新玉ねぎの場合は水にさらす必要がないのでアリシンを無駄なく摂ることができます。

繊維と直角に切る

当園の玉ねぎは特にエグみがなく甘いのが特徴ですが、辛いのが苦手という方はぜひ玉ねぎの繊維を切断するように薄く切って空気にふれさせてみてください。辛味が飛び、薬効成分も増加します。